穀物を含むキャットフード


市販されているキャットフードには配合されている成分が記載されています。肉食動物である猫は、肉を含んだ高タンパク質なものを好む傾向があります。ただし、肉であればなんでもいいというわけではなく、死んだ動物や死にかけた動物、病気や障害がある動物などの肉でいわゆる4Dミートと呼ばれる粗悪なものは、猫の健康に害を及ぼすことが考えられるため与えないように注意する必要があります。また、ミールやパウダーのように細かく粉砕されたものは、素材が明確でないためどんな動物のどの部分が使用されているかわからないので、できればこちらも避けた方がいいでしょう。

量が多くても安い値段で購入できるキャットフードのなかには、内容量を増やすためにトウモロコシや小麦粉といった穀物が多く含まれている場合があります。人間の主食ともなる穀物なので、猫にも問題はないと思いがちですが、猫と人間の消化の仕組みに大きな違いがあります。もともと肉食動物である猫の消化管は、野菜や穀物などの植物性タンパク質を消化しにくい構造となっているため、大量に与えるとお腹を壊したり、アレルギーを発症したりする可能性があります。少しでも猫の健康被害のリスクを取り除きたいのであれば、穀物不使用のキャットフードを与えるようにしましょう。