猫のエサのタイプ


猫のエサとして一般的に販売されているキャットフードは、水分の含有量によっていくつかの種類に分けることができます。同じタイプのものをずっと食べさせても問題はありませんが、体調や嗜好によってときどきローテーションして与えるのもいいでしょう。少し食欲が落ちてしまった猫に、食感や匂いの異なるキャットフードを与えることで、食欲の回復がみられることもあります。ドライタイプと呼ばれているものは、10%以下の水分を含んでいます。水分量が多いと高温多湿の気候である国内では、すぐにカビが生えてしまうこともあるので保管には注意が必要となります。また、開封と同時に酸化が進むので、直射日光を避けて密閉して保存するようにしなければなりません。

半生状態のセミモイストタイプは、25%~30%の水分を含んでいます。水分が多い分、品七保持のために砂糖や防カビ剤などの添加物が使用されています。また、適度な水分を維持するための湿潤調整剤も配合されています。セミモイストタイプは発泡していないもので、加熱発砲処理がなされているソフトドライとは区別されます。ウェットタイプと呼ばれるものには、75%以上の水分が含まれています。しっとりとした食感で肉を感じられることや匂いが強いことで、猫の食いつきがよく満足度も高いものとなります。ドライタイプやセミモイストタイプと比べて割高であること、口の中に食べかすが残りやすく歯石や口臭の原因になりすいというデメリットもあります。